・Professor


 
−細谷雄一先生の紹介−
   
   専攻領域: 政治学、国際関係論、国際政治史(現代ヨーロッパなど)、イギリス外交史
   担当科目: 西洋外交史T・U、政治学T・U、西洋外交史特殊研究T・U、演習U

   経歴: 
       1971年8月 千葉県市川市に生まれる

       1990年3月 立教高校卒業
       1990年4月 立教大学法学部法学科入学
       1992年10月-1993年1月 オランダ国立リン・uルグ大学 ヨーロッパ研究センター留学
       1994年3月 立教大学法学部法学科卒業

       1994年4月 慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程入学
       1995年9月 英国バーミンガム大学大学院国際関係学修士課程留学
       1996年12月 英国バーミンガム大学大学院国際関係学修士号取得(MIS)
       1997年3月 慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
       1997年4月 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程入学
       2000年3月 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博博士程修了(法学博士)


       2000年4月 北海道大学法学部専任講師就任

       2002年4月 敬愛大学国際学部専任講師就任

       2004年4月〜 慶應義塾大学法学部専任講師就任 
       2006年4月〜 慶應義塾大学法学部助教授

       2009年〜2010年 プリンストン大学客員研究員、パリ政治学院客員教授

       2010年9月〜 慶應義塾大学法学部教授就任(現在に至る)
   
   著書:
      『戦後国際秩序とイギリス外交 −戦後ヨーロッパの形成、1945-51年』(創文社、2001年)
      『ヨーロッパ国際関係史』渡邊啓貴編(有斐閣アルマ、2002年)第2章、第3章を担当執筆
      『帝国アメリカのイメージ』押村高編(早稲田大学出版部、2004年第2章分担執筆)
      『国際学入門』細谷雄一・矢澤達宏編(創文社、2004年)
      『外交による平和 -アンソニー・イーデンと二十世紀の国際政治』(有斐閣、2005年)
      『EUと市民』田中俊郎・庄司克宏編(慶應義塾大学出版会、2005年)
      『イギリス外交史』佐々木雄太・木畑洋一編(有斐閣アルマ、2005年)
      『大英帝国の外交官』(筑摩書房、2005年)
      『ロイヤル・ネイヴィーとパクス・ブリタニカ』田所昌幸編(有斐閣、2006年)
      『外交――多文明時代の対話と交渉』(有斐閣 2007年)
      『倫理的な戦争――トニー・ブレアの栄光と挫折』(慶應義塾大学出版会 2009年)
      編著『イギリスとヨーロッパ――孤立と統合の二・S年』(勁草書房 2009年)
      『国際秩序――18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ』(中央公論新社 2012年)


   先生のお人柄: 先生はユーモアと真摯な姿勢を兼備されている方で、研究会においてはユーモアを交えつつも柔軟かつ整然とした司会進行でゼミ生の活発な議論を促してくださいます。 議論の話題や方向性に応じて事前にゼミ生が提出したコメントも採り上げ、多くのゼミ生に発言の機会を与えてくださいます。 先生はまた書物に造詣が深く、適宜有益な文献を紹介してくださるとともに、研究諸氏や国際政治の第一線で活躍されている方々とも親交があり、知識の補完と議論の更なる水準向上のためにゲストスピーカーを招いてくださいます。 先生は食事会にてお酒を交えつつゼミ生と多くを語らうことを好み、こういった場でも学生はゼミでの時間の共有を通じてよい刺激を受けています。