Seminar ~ゼミ内容~

研究会は毎週水曜日の4限5限に行われ、課題本の輪読を通して現代民主主義論への理解を深めています。 今年は、コリン・クラウチの『ポスト・デモクラシー~格差拡大の政策を生む政治構造』、ブライアン・カプランの『選挙の経済学~投票者はなぜ愚策を選ぶのか』、 ジェリー・ストーカーの『政治をあきらめない理由~民主主義で世の中を変えるいくつかの方法』などといった本を輪読し、学生によるプレゼンテーションを中心に授業を進めています。

合宿は1年に2回行われ、5月に新歓合宿、9月に夏合宿があります

サブゼミでは、ディベート班、三田論班の2つにわかれて活動しています。ディベート班は年に2回行われるディベート大会に向けて、三田論班は三田論に向けて勉強を進めています。

ディベート班

ディベート大会に出場し、他大学と対決します。今年のディベート大会では、「カジノ法案導入の是非」「解雇規制緩和の是非」の2つのテーマについてディベートし、 秋大会では上智大学相手に勝利をおさめました!

三田論班

三田祭に向けて3班に分かれて論文を作成しました。新聞等のメディア分析、アンケートの実施などをします。

4年生

卒業論文の作成を進めています。

↑ページの一番上へ