慶應義塾大学
高橋伸夫研究会
Keio University Faculty of Law consists of the Department of Political Science
TOP
〜トップ〜
PROFESSER
〜教授紹介〜
MEMBERS
〜メンバー紹介〜
EVENT
〜スケジュール〜
RECRUIT
〜入ゼミ情報〜
BLOG


◆教授紹介◆

高橋 伸夫
慶應義塾大学法学部教授
法学博士

<略歴>

1960年 北海道生まれ
1982年 筑波大学第二学群比較文化学類卒業
1984年 同大学院修士課程地域研究科修了
1987年 慶應義塾大学法学研究科博士課程修了
1999年 慶應義塾大学法学部助教授就任
2001年 北京大学留学
2002年 カリフォルニア大学バークレイ校留学
2005年 慶應義塾大学法学部教授就任

<専攻領域>

中国現代政治史

<主要著書>

『中国革命と国際環境−中国共産党の国際情勢認識とソ連、1937年〜1960年』
(慶應義塾大学出版会、1996年)

『現代政治の展望』
(共著、ナカニシヤ出版、1996年)

『根拠地における党と農民−鄂豫皖根拠地、1931年〜1934年』
(1)(2) (『法学研究』第73巻第3・4号、2000年3・4月)


<所属学会・団体>
アジア政経学会,日本国際政治学会,現代中国学会,
東アジア地域研究学会


皆様へのメッセージ ---------------------

 私の研究領域・対象は中国現代史です。より限定すれば、中国共産党によって推進された革命の過程です。中国共産党による革命の核心部分は党と農民の結合にあります。そして現在の私の主たる関心も、まさにこの一点にあります。共産党は農民大衆を実際のところ、どの程度まで捉えることができたのか。そもそも共産党が農民を捉えるとはどういうことか。この両者の境界面(インターフェイス)の構造と性格はどのようなものであったか。こうした問題を、1930年代前半に共産党によって形成されたいくつかの・革命根拠地に焦点を当てて検討するというのが、 ここ数年の私の仕事です。

 従来、中国革命史の研究は、ほとんど指導者たちの事跡しか語ってきませんでした。毛沢東や周恩来を始めとする指導者たちの革命の構想、意図、戦略、そして指導者内部での権力・イデオロギー闘争 ――こららを可能な限り緻密に再構成することが、革命史の研究者の主たる仕事だったのです。しかし、私はこうした傾向に次第に強い不満を覚えるようになりました。

 第一に、このような研究姿勢は、中国革命が途方もなく広大で多様性に富んだ地域で、しかも満足なコミュニケーション手段をもたない勢力によって推進された事実を軽く見ています。指導者の意図や戦略が、各根拠地に速やかに、そして完全な形で届いていたなどということはありえないのです。たとえ届いたとしても、それは多様な根拠地の実情に合わせて意味を変形されるのが常であったと想像できます。したがって、党の頂点部分にのみ焦点をあわせるような調査の方法では、 革命の現場の複雑性や地域的多様性を理解することは不可能なのです。


 第二に、これまでの研究では、共産党と大衆(とりわけ農民)との利益の一致が自明視されてきました。大衆の願望と行動が、結局は党の標榜するイデオロギーと政策の言葉で説明できると想定される限りで、大衆の行動様式を解明したり、彼らの内面の動機に立ち入ったりする必要はなかったのです。しかし、近年、新しい資料が公表されるにつれ、農民が諾々と共産党に従うのではなく、一定の能動性と積極性を持って党に対峙した様子が浮かび上がってきました。そこで、私は党と向き合う大衆の戦略に開かれた社会的・政治的空間として党―社会関係を描いてみたいと考えるようになったのです。

 こうして私は、何をやってもうまくいかない党と、御しがたい(あるいは、したたかな)大衆という組み合わせをモチーフとして、中国革命の過程を描き直してみようと思うようになりました。これは当然のように、共産党が革命の過程を統御する能力を相対的に低く評価することにつながります。また、共産党の勝利に向かう着実な歩みよりは、革命過程の不確実性を強調することになります。この企ては従来の革命の物・黷フ・S・ハ的書き換えに結びつくのかどうかは、現在のところ確信がもてません。しかし、いま準備中の本が出版されれば、学会を強く揺さぶることは可能だと信じています。




ゼミに関する疑問、質問などは、takahashiseminar13[a]hotmail.co.jpまでお願いします。 Copyright 高橋伸夫研究会2013 and 空色展示室