慶應義塾大学 法学部 政治学科 ゼミナール

our professor

サンプル

生年月日

1963年12月15日(日)

現在の専門分野

東南アジア政治
東南アジア国際関係
インドネシア政治史

現在の研究課題

東南アジアの人権政治 (KEYWORD:東南アジア , 人権)
東南アジア諸国の反原発運動―インドネシアとフィリピンの比較研究 (KEYWORD:反原発運動 , 原発政策 , 東南アジア)
インドネシアの社会運動 (KEYWORD:社会運動 , インドネシア)
The Politics of Censorship in Colonial Indonesia
ポソ政治史 (KEYWORD:ポソ , 地方政治史 , インドネシア)
Regional and National History in the 1950s Southeast Asia
東南アジアのメディア空間と公共性 (KEYWORD:メディア空間 , 公共性 , 東南アジア)

学歴

【大学院】
 コーネル大学院 博士課程 政治学研究科 比較政治学、国際関係論、東南アジア地域研究(2011年修了)
 コーネル大学院 修士課程 政治学研究科 比較政治学、国際関係論、東南アジア研究(1992年修了)
 上智大学 修士課程 外国語学研究科 国際関係論専攻(1989年修了)
【大学】
 慶應義塾大学法学部政治学科(1987年卒業)

主な職歴

大学メディア・コミュニケーション研究所所長 (2011/10-)【塾内兼務】
大学通信教育部副部長 (2005/10-2007/09)【塾内兼務】
大学GSEC研究所副所長 (2004/10-2009/09)【塾内兼務】
大学院法学研究科委員 (2004/04-)【塾内兼務】
大学教授(法学部) (2003/04-)【塾内本務】
大学助教授(法学部) (1997/04-2003/03)【塾内本務】
大学専任講師(法学部) (1994/04-1997/03)【塾内本務】

担当学科目

現代東南アジア論、国際政治基礎、現代東南アジア特殊研究、演習

主要著作(日本語)

翻訳『三つの旗のもとに』(エヌティティ出版、2012年)
編著『東南アジアからの問いかけ』(慶應義塾大学出版会、2009年)
共編著『市民社会』(慶應義塾大学出版会、2008年)
共編著『イメージの中の日本―ソフト・パワー再考』(慶應義塾大学出版会、2008年)
共編著『メディア・ナショナリズムのゆくえ―「日中摩擦」を検証する』(朝日新聞社、2006年)
共著『中国の統治能力―政治・経済・外交の相互連関分析』(慶應義塾大学出版会、2006年)
編著『多文化世界における市民意識の比較研究-市民社会をめぐる言説と動態』(慶應義塾大学出版会、2005年)
共著『公共哲学14-リーダーシップから考える公共性』(東京大学出版会、2004年)
共編著『海域アジア』(慶應義塾大学出版会、2004年)
共編著『現代アジアの統治と共生』(慶應義塾大学出版会、2002年)
共著『東アジア政治のダイナミズム』(青木書店、2002年)
共著『岩波講座 東南アジア史7-植民地抵抗運動とナショナリズムの展開』(岩波書店、2002年)
共著『アジア政治経済論』(NTT出版、2001年)
共編著『世紀末からの東南アジア-錯綜する政治・経済秩序のゆくえ』(慶應義塾大学出版会、2000年)
共編著『東南アジア政治学(補訂版)』(成文堂、1999年)
共著『新版・入門東南アジア研究』(めこん、1999年)
共著『冷戦後の国際政治-実証・政策・理論』(慶應義塾大学出版会、1998年)
共著『地域史とは何か』(山川出版社、1997年)
共編著『東南アジア政治学(補訂版)』(成文堂、1999年)
共著『現代アジアと国際関係』(慶應通信、1992年)
共著『入門東南アジア研究』(めこん、1992年)


研究室:三田研究室棟737号室
E-mail:nobuto@law.keio.ac.jp

Copyright (C) Yamamoto Nobuto Seminar. All Rights Reserved.